部屋を借りる時の初期費用を半額に抑えるコツ

一般的には、「家賃の5か月分」が初期費用の目安と言われています。
・敷金 2ヶ月
・礼金 1ヶ月
・仲介手数料 1か月分
・前家賃 1か月分+日割り
・鍵交換費用、家財保険

家賃が4万円だとしても、ざっと20万超えです。
初めて一人暮らしする人なんかは、見積りもらってびっくりするかもしれません。
そこで、頑張って交渉して初期費用を抑えましょう。

一番交渉しやすいのが敷金ですね。
まだまだ宮崎では、敷金2~3ヶ月の物件がたくさんあります。
「敷金高いところは無理だなー」って所でも、
とりあえず部屋見せてもらって、「敷金、減らせないですか?」と言ってみてください。
余裕で交渉成立しますから。

一番きついのが家賃。
家賃の値下げは大家さんが一番嫌いますね。
入居者の家賃でアパート買った時の借金返してるわけですから・・・
あと、家賃交渉してくる借主は質が悪いとみられることも少ないので、
できるだけ家賃の交渉はしないようにしましょう。
それに値下げできる物件は、予め不動産屋に伝わってることが多いですから、
予算を話しておけば、不動産屋の方から値下げできる物件は提案してくれますよ。
また、「家賃を安く!」よりも「フリーレンス(一ヶ月無料)できない?」の方が
うまく行くことがあります。

礼金は、2ヶ月とかだったら、一ヶ月ぐらいは減らせると思いますが、
それ以上は厳しいですね。
主に、インターネットに掲載する経費などの広告費として使われる費用ですので、
一ヶ月程度は欲しいのが大家さんの本音でしょう。

アパートには、いくつもの不動産屋が仲介しており、
お客さんを紹介した会社に仲介手数料は支払われるようになっています。
しかし、直営のアパートだったり、大家さんと特別な業務契約をしている管理会社では、
仲介手数料を入居者から取らない場合もあります。
まずは、入居したいアパート名をネットで検索してみて下さい。
掲載サイトによって、仲介手数料がゼロとなってることがあるので、
そのサイトに記載してある管理会社に連絡してみましょう。

アパートは前払い制です。
例えば、3/11)に入居するのであれば、月末(3/31)までの20日間と
来月分の家賃を請求されます。
ただし、給料日や仕送りをもらえるのが月末ということもあるので、
それを伝えれば、とりあえず20日分の家賃で大丈夫です。

家財保険は、15000円くらい。
これはどうあがいても請求されます。
鍵交換費用は、実は「変えなくていいです」と言えば、了承してくれる場合もあります。
これだけで1万円の節約ですから、大きいですね。
もちろん、前の入居者がスペアキーを作ってたりすると、入られる可能性はあります。

どうでしょか?
自分の場合、これらを駆使して、家賃の2.5ヶ月分でいつも入居させてもらってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク