マンションとアパートの違いって?どっちを選べばいいの?

マンションは、鉄筋コンクリート造(RC)で建築されていて、高層住宅の物件が多い。
鉄筋コンクリート造は、かなり遮音性に優れているので、
「ご近所さんの騒音は気になる」という人向け。
ただし、アパートに比べて、建築費用がかかるので、家賃は高め。

アパートは、軽量鉄骨や木造で建築されていて、1~2階建ての物件が多い。
家賃も安い割には、築年数も浅く、綺麗な内装と設備が充実している物件も多い。

鉄筋コンクリート(RC)、軽量鉄骨造・重量鉄骨造(S造)、鉄筋コンクリート(RC)の騒音の違い

どちらのタイプの物件も住んだことがありますが、住み心地が良いのはマンションでした。
言い方は悪いですが、安い物件には質の悪い住人が集まる傾向があります。

例えば、大きい音量でガンガン音楽を聴いたり、
改造したマフラーを付けた車で、頻繁に出入りしたり、
夜中になるとドンドンと音を立てて活動し始めたりと、
安いアパートには、必ずこんな感じの住人が一人はいます。

もちろん、マンションでも家族連れや新婚さんが隣に住んでいると、
赤ちゃんや子どもの足音が騒音となる場合もあります。

「じゃ、どちらを選べばいいの?」となるのですが、
自分が気に入った物件で、納得できる家賃なら、
あとは上下隣の住人の質を祈る他、ないんですよね・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク